サボタージュ (2014)




「サボタージュ」(2014)
原題『Sabotage


監督:デヴィッド・エアー
脚本:スキップ・ウッズ、デヴィッド・エアー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、サム・ワーシントン、テレンス・ハワード、ジョー・マンガニエロ、オリヴィア・ウィリアムズ、ミレイユ・イーノス 他


あらすじ

DEA(麻薬取締局)の特殊部隊を率いるリーダーであるジョン・ウォートン(アーノルド・シュワルツェネッガー)はアメリカの麻薬戦争において多大な功績を挙げてきた英雄。8人の部下を率いて麻薬組織のアジトへ奇襲作戦を仕掛け、凄まじい手際の良さで制圧に成功する。そして彼らには麻薬組織の1000万ドルをくすねるという秘密の計画があった。しかし1000万ドルの札束は忽然と姿を消し、チームのメンバーが1人ずつ何者かに惨殺されていく…。1000万ドルを奪ったのは誰なのか?メンバーを殺しているのは誰なのか?最強のチームを狙った犯行に対しジョンは地元の女性刑事キャロライン(オリヴィア・ウィリアムズ)と共に捜査を始める…。


感想

シュワちゃん主演最新作、壮絶アクションと濃密サスペンスを謳った割りには少し肩透かし…?シュワちゃんの渋い演技と豪快なアクションが楽しめればそれで良いというなら問題ないが、"濃密サスペンス"や"シリアルキラー"、"1人ずつ消されていく最強の9人"と言った宣伝文句を期待して見ると少々脚本が雑すぎる印象。グロテスクな描写や凝った演出などで重苦しい雰囲気を作り出すことには成功しているが、肝心の脚本がスカスカでは作品としての重厚感は出ない。
しかし本作のシュワちゃんは最近の豪快かつ愉快な老人シュワちゃんではなく、苦しく深い闇を背負った影のある役どころ。他のキャラクター達に奥深さがなかったのは痛いがジョン・ウォートンというキャラクターには魅力があった。中でもラストシーンの彼は特に私のお気に入りだ。
総評としては少し物足りないがシュワちゃんの違った一面を見れたのが嬉しい映画。でもやっぱりもう少し脚本に頑張ってほしかった!