ディスタービア (2007)



 
「ディスタービア」(2007)
原題『Disturbia


監督:D・J・カルーソー
脚本:クリストファー・ランドン、カール・エルスワース
出演:シャイア・ラブーフ、サラ・ローマー、アーロン・ヨー、デヴィッド・モース、キャリー=アン・モス 他


ケイル(シャイア・ラブーフ)は自分の運転する車で起きた交通事故により父親を失う。それが原因で自暴自棄になってしまい、ある日学校で教師に嫌味を言われた事に激怒し教師を殴ってしまう。その罰として3ヶ月の自宅謹慎が命じられ足首には自宅から出ると警察が来る発信機が着けられる。そうして家から出なくなった彼が暇つぶしに始めたのは、近隣住民の観察だった。ある日いつものように観察しているととある住人に違和感を覚える。


自宅謹慎の青年が見つけた唯一の楽しみ『住民観察』。たったそれだけの事が次第に彼にとって大きな意味を持ち始める。家から出られない鬱憤を晴らすかのように『住民観察』をすることで外の世界との関係を保とうとする。最初は近所のちょっとしたスキャンダルに喜び、隣に引っ越してきた美人な女の子アシュリー(サラ・ローマ)の扇情的な私生活を友人のロニー(アーロン・ヨー)と一緒に覗き見るだけで喜んでいたが、いつしかアシュリーとも接点を持ったことから彼女も交えて観察をする事になる。その主な観察対象となったのが隣に住むターナー(デヴィッド・モース)だった。彼の乗っている車がニュースでやっていた女性失踪事件の犯人の車と酷似していたのがきっかけでケイルはターナーに小さな疑念を抱く。こうして三人の奇妙な人間観察が始まる。

映画は印象的な導入から始まり、序盤はケイルの心を徐々に描くように進む。観察仲間が出来てからはアシュリーとの恋とターナーの観察という日常と非日常が同時進行で描かれる。そして終盤に差し掛かるにつれてスリルと謎と恐怖を思う存分に描く。映画の中でこれらのフェーズ変移が非常にスムーズに行われ、途中までアシュリーにドギマギしていた心が終盤はホラー映画並みの緊張感で心臓のバクバクが止まらなかった。特に期待して見たわけでもなかったのでこの映画には本当にしてやられた。あの導入からまさかここまで汗をかくような恐怖を与えられるなんて誰が想像できようか。ケイルの足首に着けられた発信機を物語の重要な舞台装置として活かしているのも見事。
私のようなホラー映画に全く耐性のない人間が見る際には少し覚悟をしてもらいたいが、名作として幅広い層にオススメできる作品に仕上がっている。