キサラギ (2007)



 
「キサラギ」(2007)


監督:佐藤祐市
脚本:吉沢良太
出演:小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雄、香川照之、酒井香奈子、宍戸錠 

自殺したD級マイナーアイドル如月ミキ(酒井香奈子)の一周忌の為に集まった5人。ネット上でしか交流のなかった5人が集まり如月ミキを追悼する会のはずが、事態は徐々に如月ミキの死の真相の追求へと変貌していく…。

おそらく日本にしか作れなかったであろうアイドルを題材にした脚本は素晴らしいの一言。某ビルの一室にて二転三転する物語。ストーリー上ほぼその一室と5人しか映らないので製作費は出演者のギャラに多く配分されたのか非常に豪華になっている。
序盤から巧妙に張り巡らされた伏線が5人の推理によって繋ぎ合わされていく様を緊張感とコメディを両立しながら描いた。笑いあり、そして最後には感動すら覚える。

ただ一つ惜しいのが、落ち着いたかに思えたラストのその先に蛇足が存在すること。あのシーンは監督曰く「作る予定のない続編への繋ぎ」であり、つまりは監督の自己満足でしかない。邦画に多く存在する「続編への繋ぎ」を全く作る予定がないにも関わらずいれてしまったことは最悪の判断だと言える。あの蛇足さえなければ完璧にスッキリとしたエンディングを迎えられたものを、監督の一存で加えられてしまう日本映画の体制に問題を感じる。おそらく海外ならば編集マンによって切り捨てられたであろう。スタッフの中にあのシーンに反対できる者がいなかったのだろうか?
エンディング後のおまけは観客へのサービスでなければならない。決して製作者の自己満足であってはならないのだ。あの蛇足さえなければ文句なしの★★★★★だったが、これでは★★★★の評価しか送れないのが非常に残念でならない。

だがそれでも充分に見る価値のある映画なので、万人にとてもオススメできる。
また例によってサスペンスカテゴリーだがジャンル的にはワンシチュエーションミステリーである。