フラットライナーズ (1991)




「フラットライナーズ」(1991)
原題『Flatliners


監督:ジョエル・シュマッカー
脚本:ピーター・フェラルディ
出演:キーファー・サザーランド、ジュリア・ロバーツ、ケヴィン・ベーコン、ウィリアム・ボールドウィン 他


医大生のネルソン(キーファー・サザーランド)は死後の世界に興味を持ち、臨死体験をするための実験を思いつく。知り合いの医大生4人も誘い、半ば強引にこの危険な実験を行った。実験自体は無事に成功したが、死後の世界から生還したネルソンは奇妙な幻覚に襲われ始める…。


医大生による秘密の臨死実験という題材やアイデアは面白く、出演しているのも若かりしキーファー・サザーランドジュリア・ロバーツケヴィン・ベーコンなど現代から見てもととても豪華で面白そうではあるのだが、イマイチこれらの素材を活かせていない。

主に脚本の作りが雑で緊張感や面白みに欠けるのと、物語が非常に単調である。物語の結末にも説得力が欠け、主な登場人物は5人と比較的少ないのにも関わらずそのうち2人はほぼ放置気味のまま終わった。

この題材で他の脚本、他の監督に作らせてみたらもう少し面白いものに仕上がったのでは?、と思ってしまう非常に勿体無い作品となってしまっている。