ファイト・クラブ (1999)

 


「ファイト・クラブ」(1999)
原題『Fight Club
 

監督:デヴィッド・フィンチャー
脚本:ジム・ウールス
出演:エドワード・ノートン、ブラッド・ピット、ヘレナ・ボナム=カーター、ミート・ローフ、ジャレッド・レト 他

物語は僕という視点で語られる。
僕(エドワード・ノートン)は全米を飛び回り車のリコール査定をしている平凡な会社員。不眠症に悩まされ病院へ行くも薬を出して貰えず、睾丸ガン患者の集いに参加する事を勧められる。
いざ行ってみるとなぜか涙が溢れ、ストレスは発散され良く眠れるようになった。それからというもの「〜の集い」というものにひたすら通い出し、そこでストレスを発散するのが習慣となっていった。
だが僕にとってのストレス発散の場が、ひょんな事から脅かされる。
そんなときちょうど、僕は飛び回る飛行機の中、タイラー・ダーデン(ブラッド・ピット)と出会い、新たなストレス発散の場を見つける…。


本作では多くのサブリミナル効果を利用した演出が施されている。
唐突に数コマだけタイラーが映ったり、あんなところやこんなところにもタイラーが居たりする。
また、男性器が一瞬映るなんてこともやっている。(これはDVDではカット。後にBlu-ray版で復活)

また、題材が非常に反社会的で暴力的なため公開当初は酷くバッシングを受けた。

そんな問題作でもある本作だが、時が経った今ではあらゆる映画のランキングに必ずと言っていいほど上位に食い込む傑作である。



男達が夜な夜な殴り合いストレスを発散するファイトクラブという設定だけでも面白く、筋トレがやりたくなる事必至の殴り合いが見られるのだが、根底にあるテーマや話の本筋まで非常に練られていて面白いというのだから圧巻だ。

ただ男達が殴り合う映画ではない、重厚なストーリーが観客を魅了する。