42 〜世界を変えた男〜 (2013)

 


「42 〜世界を変えた男〜」(2013)
原題『42


監督:ブライアン・ヘルゲランド
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
出演:チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード 他

メジャーリーグで年に一度、全選手が42の背番号を背負いグラウンドに立つ。
その数字はかつてベースボールを武器にグラウンドで人種差別と戦った英雄ジャッキー・ロビンソンの背番号。

本作で描かれるのはそんな英雄の実話である。


私が生まれた頃には戦争も近代歴史の一つ、日本においては人種差別なんてものは無いに等しかった。黒人も白人も黄色人種も皆平等、それで当たり前。
だから人種差別をする人の気持ちも、されてきた人の気持ちもわからない。
でもだからこそこの映画には意味がある。今自分達が生きているこの時代を、この価値観を、必死で作ってきた人達がいた。
人種差別という社会の問題に、野球というスポーツで戦ったヒーローがいた。

ジャッキー・ロビンソンというそのヒーローの物語を、こうして知れたことが本当に嬉しく思う。


この映画で描かれた彼は「やり返さない勇気」で戦い抜いた。
自分の尊厳を酷く傷つけられ、どんなに罵倒され苛立っても、その激情を抑え込んでピッチに立つ。
自分を罵倒する彼らと同じ土俵で戦うのではなく、彼は野球のプレーで覚悟を示した。

だからこそこの映画は、私のような若い世代にこそ見てもらいたいと私は思う。
人種差別というテーマは小難しく、あまり馴染みのないものかもしれない。でもだからこそ人種差別という問題を知るのと同時に、彼の示した「やり返さない勇気」を見てもらいたい。

この「やり返さない勇気」は小学生のような子供にこそ知ってもらいたいと思うが、流石に小学生には難しい映画だと思うので、人種差別というテーマが解る年齢になったら、ぜひ子供にも見せてあげたい。そんな映画になっている。

 
 
また、本作ではジャッキー・ロビンソンの立役者でもあるブランチ・リッキーという球団のオーナーをハリソン・フォードが演じている。
ジャッキーは決して一人で英雄になったのではなくその隣には妻や、同じく差別と戦う黒人記者、黒人ファンからの声援、次第に理解してくれるチームメイト、そしてリッキーのような心の支えがいてくれた。
彼だけにスポットを当てるのではなく、その辺りもしっかりと描かれているからこその感動だろう。