サイド・エフェクト (2013)




「サイド・エフェクト」(2013)
原題『Side Effects


監督:スティーブン・ソダーバーグ
脚本:スコット・Z・バーンズ
出演:ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 他



Side Effects
日本語にすれば「副作用」です


そのタイトルの通り本作は薬による副作用をテーマにしたサスペンスとなっています


鬱病を患っているエミリー(ルーニー・マーラ)の元に、数年前インサイダー取引の容疑で逮捕された夫マーティン(チャニング・テイタム)が出所し帰ってくる。


しかしエミリーの鬱病は改善せず、自殺と思われるような事故を起こしてしまう。その事から精神科医のジョナサン・バンクス(ジュード・ロウ)にかかる事になったエミリーだが、薬を処方してもらうもあまり目立った効果は無し。

そこでCMなどで目にしていたある薬の処方をバンクス博士に頼む。
その効果は良く、不眠症は改善され性欲も出てきた。
しかしその薬によって一つの副作用がエミリーに出てしまう
夢遊病

夫のマーティンは妻の夢遊病を目撃しその薬の処方をやめさせようとするがエミリーはその薬を続けたいと願う。
そこで、妥協案としてバンクス博士は薬の処方を続けるが夢遊病を抑える薬も同時に処方することに。

しかし、その直後ある事件が起きてしまい物語は展開していく…。



物語が展開する上で結構複雑になっていくし、根底にはインサイダー取引や裁判など様々な社会ネタがあるためそういった知識のない人は少し置いてきぼりをくらうかもしれない。

また性描写もなかなかあるため、気軽に見る映画としてはあまり向かないと思われる。

だが脚本は良く練られていて、静かな物語の中にしっかりとした緊迫感が続く。
また、二転三転するそのストーリーは見応えもある。

終わってみればたいしたことのないトリックなのかもしれないが、それを追う人物がなんといっても精神科医である。

探偵役が精神科医ということを実に上手く使っているので、その点でサスペンスとしてちょっとした新鮮さが感じられた。

また復讐劇でもあるため、爽快感も感じられたのがいいところ。



気軽に見るにはあまり向かない映画だが、一人でじっくりと見る分には申し分ない映画である。