レオン (1995)




「レオン」(1995)
原題『Léon』『The Professional


監督:リュック・ベッソン
脚本:リュック・ベッソン
出演:ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマン 他


プロの殺し屋であるレオン(ジャン・レノ)と、目の前で家族を殺されたマチルダ(ナタリー・ポートマン)の愛情と復讐を描く。
本作の魅力はなんと言ってもこの2人、ジャン・レノとナタリー・ポートマン。
ジャン・レノのとんでもないかっこよさとナタリー・ポートマンの凄まじい可愛さがもう本当に魅力的。

親子ではないのに一緒に生活するうちに芽生える、親子愛にも似た愛情。
その二人の面白くも奇妙な生活。
一流の殺し屋のレオンの純粋さと優しさ。

そしてプロの殺し

そしてそれを邪魔するスタンスフィールド(ゲイリー・オールドマン)。
とてつもなく嫌な敵役。めちゃくちゃ嫌な奴。

それでもこれら全てがこの作品の魅力なのである。


こんなまん丸サングラスがここまで似合う男がジャン・レノ以外にいるだろうか?


そして初代ロリータハリウッド女優と言ってもいいほど可愛いナタリー・ポートマン。
(ちなみに私の中でのロリータ女優は初代ナタリー・ポートマン、二代目エマ・ワトソン、三代目クロエ・グレース・モレッツ)
ロリではなくなった現在でもナタリー・ポートマンは特に大好きな女優さんです。

おまけ

映画の中では絶対見られないゲイリー・オールドマンとナタリー・ポートマンのオフショット。
微笑ましいですね。

不思議です。この映画を見た後だとゲイリー・オールドマンが悪い奴にしか見えません。バットマンではめちゃくちゃ良い人なのに…
つまりそれだけ彼は名優ということですね。